オペレーター

中国語を日本語に翻訳してくれる業者を選ぶポイントを大公開

料金設定の確認

スーツの人

単語ベースか文字ベース

海外の顧客の獲得を目指したマーケティングやプロモーションを行う企業が増え、インバウンド対策の1つとして、日本語以外の言語でアプローチすることで、新たな顧客を獲得することができるようになりました。特にインバウンドの中でも中国からの観光客の数が増え、年々多くの中国人が日本を訪れるようになりました。そんな中国人向けの顧客獲得の方法として、翻訳によるアプローチが最も簡単な手法として注目されています。自社のホームページや、日々発信するSNS、そして会社のパンフレット等企業をプロモーションする上で使用するツールや媒体をただ中国語に翻訳するだけでも大きな効果を発揮するケースがあります。そんな翻訳をする際には、いくつかの翻訳業者を比較してみると良いでしょう。翻訳業者によって、その料金設定は異なり、1つの単語によりいくら、もしくは文字数によって料金が決まるケースもあります。ホームページなどを非常に多くの言葉を掲載している場合、時には高額になるケースも考えられます。そして翻訳の精度に関しても、全く中国語から理解できない場合その翻訳が正しいのかどうか判断ができないですが、翻訳業者によってはダブルチェックを行うことでその精度を保障してくれます。翻訳業者により様々なサービスが展開されていますので、ただ中国語に直すだけなのか、より高い精度で発信をするのか、もしくはネイティブによる文章の構成まで依頼をするのかによって料金が変わってきますので、中国語にする理由を明確にした上で依頼内容を検討するようにしましょう。